きのう播種機の初運転をしました。

矢崎の3条蒔きの機械を2条蒔きに変えて使いました。

畝幅は75センチに設定し、ロータリーでうなった幅の端っこのどのへんを前輪がたどるかのこつがつかめましたが、まっすぐに50メートルの長さを蒔くのはむつかしいことです。

ターンの時どうしても"カーブ"してしまいます。

それにトラクターのスピードを上げようとすると播種部分がバタバタするみたいで敬遠しました。

結局ものすごい低速でしっかり時間をかけまっすぐに運転するしかないようです。

結構疲れました。

2反やるのに2時間もかかってしまいました。

この2反は借金無しを蒔きました。

 

きょうは新規の研究品種26品種を小雨の夕方蒔きました。