何年ぶり・・・いや

10年以上も間があいてしまったろうか、埼玉県産タチナガハをつぶすが以外とうまいことに気づく。

枝豆が非常に美味なのでとうふにしてもうまいはずだと思っていたがうまい豆腐は存在していない。

陳腐化の極地ともいえる品種なのだがこういうものこそきちんと作ることが肝要とと思われる。

豆乳はギンレイにと異なって"深み"を感じるのだがややくどい気もする。

低タンパクでへろへろタイプかと思ったが引っ張り強度も十分あるしまり屋であることを確認する。

生産量は減っているとのことだが消滅させてはいけないと思う。

当分この品種で楽しめそうだ。