伊達政宗の

ドラマをみていたら岩出山城が出てきてなつかしく思いました。

大東岳、船形山、等仙台起点の山々の帰りにかならず及川さんが連れて行ってというか立ち寄ってくれたのが岩出山町の豆腐屋でそこでわら納豆を買って買えるのが楽しみであったのです。

おまけに中新田のバッハホールも当時最先端ホールとして話題になっていたころでそこにも連れて行ってくれ見学したりしたものでした。

折も折りあしたの東京大空襲をはさんであさっては3.11。

あの時自分は・・・を思い出す。

まだまだ復興は困難の中にあって我々はなんにも役立たずなのかもしれないけれど折々に寄付したり東北産品を買うぐらいしか手伝えないことに悲しさを感じます。

 

大豆の検査では18袋が3等、26袋が丸合ということで程度は低いのだが味には関係ないので大事に使いたいです。検査対象外もいくつかありますが汚豆や褐斑ということでこれまた味には関係ないばかりかむしろ普通より甘くなっているのが経験的に知っているので大事に使いたい。ワインでいえば貴腐ワインということで偶然の産物かな。

あしたは青山在来。