和田さんからいただいた

借金なしをさっそく加工。

これはうまかった。

新豆特有の、ちょうど音響で云う"倍音"に相当する、倍味とでもいう"味のひろがり"が豊かなのだ。

口に入れたとたんににこりとしてしまう。

この"倍味"が出るのは3月くらいまでだろうか、要するにJAの検査が終わって入札を通り市場に出回る頃はもうなくなってしまっている。

大豆を自分で作るか契約栽培で早めにわけてもらうしかこの味には出会えない。

ただし柔らかすぎるのがやっかいな点なのだが品種によっては濃くすればそこそこのラインには達する。